永遠に夕方が続けばいいのに

と、思うのと同じように

永遠に10代が続けばいいのにと思っていた。

若き悩みの美しさ。

____________________________

誕生日が来る前日、

いつも今日で命が終わるような感覚になる。

とても、苦しくなる。

そして、新しい自分に羽化した気持ちになる。

____________________________

地元を離れた友人が帰ってきた。

私はいつでも思い出すことができる。

一緒に寝そべった芝生の青い匂いも、

透き通った目の横顔も。

 

きっと、また思い出す。

今の強い眼差しを

また数年後思い出すことができるのだと思う。

____________________________

仕事終わり 教会で煙草を吸って帰る。

吐いた煙のグレーが、夜空に溶けていく。

ため息混じりのいろいろが

そのまま夜空に溶けて吸収してくれるような

それを、眺めるのがとても好きだ。

f:id:meltmoon:20170616230448j:image  f:id:meltmoon:20170616230454j:image